平野将先生インタビュー

ここは、施術者としてだけじゃなくて、人間としてもものすごく成長できる場なので、騙されたと思って一度見学に来てください。ものすごく楽しいところです

2018年8月撮影

平野将先生プロフィール
卒業学校:
東京メディカルスポーツ専門学校
卒業年月日:2018年3月
入社年月日:2018年4月

小池:みなさん、こんにちは。
患者と人生の転機となるトリガー鍼灸院を運営しているリボディクラフト代表の小池と、平野先生で今日はお話したいと思います。平野先生、自己紹介をお願いします。

平野:2017年度東京メディカルスポーツ専門学校卒業生の平野です。
よろしくお願いいたします。

小池:今日はですね、リクルート活動をしている鍼灸師の方の向けてお話をしたいと思いますので、平野先生のありのままの実体験をお話してください。
平野先生はここを知ったきっかけは何だったんですか?

平野:僕が知ったきっかけは、学校の掲示板にリボディクラフトが開催するコンコースの研修があるという掲示があったので、それをみて応募しました。

小池:今でもやってますね。参加してどうでしたか?

平野:そうですね。
学生時代に患者さんと接する機会が皆無だったので、ものすごく貴重な体験をすることができました。

小池:そこを経てうちに入社したんですが、実際に入ってみてどうですか?

平野:想像以上に楽しいです。

小池:どんなところが楽しいですか?

平野:施術面だけじゃなくて人間力をあげていくというと、育てるためのセッション。
そういうものがあって「治療だけじゃないんだな」というものが感じられるのでものすごく楽しいですね。

小池:僕自身も、実はいろんな治療院に施術を受けに行くんだけど、やっぱり、サービスを受ける側になると、技術力だけじゃなくて人間力だったり、社会性のところがとても気になるんだよね。
そういったところができていない治療家に自分は体を預けられないなって思っているので、そういった想いから、しっかりとプロのサービスマンにもなってもらいたいと思って、コーチングとか教育システムを入れています。
平野先生は入社してからどんなところが一番変わったなと思いますか?

平野:人との接し方は、周りからもよく変わったねって言われました。

小池:どんなところが?

平野:大人になったねって言われます。僕を知る人からは。

小池:今年から治療活動だけじゃなくて、トレーナー活動も始まりましたがそれはどうですか?

平野:違う視点から物事を考えたり見たりするので、僕自身もトレーナーを目指して勉強をしたりしていたので、ものすごく充実した時間になります。

小池:今、治療院選び、就職先を探している治療家の方に何かメッセージがあればお願いします。

平野:ここは、施術者としてだけじゃなくて、人間としてもものすごく成長できる場なので、騙されたと思って一度見学に来てください。
ものすごく楽しいところです。

小池:騙されたと思って…(笑)お待ちしています!

リクルートのご相談はこちらをクリック